お問い合わせ

復讐代行体験談〜ストーカーへの復讐〜

お問い合わせ

OL(20代女性)

この度は執拗なストーカー被害を解決していただき本当にありがとうございました。

 

事の発端は、ふと毎朝見掛ける人物に気付いた時からでした。
朝、マンションのエントランスを出ると必ずスーツ姿の男性が自動販売機の前で、タバコを吸っていました。最初は特に気にも留めなかったのですが、さすがに2週間も続くと自然と意識するようになってしまいます。
それに毎回ではないのですが、私が駅まで歩く道のりを後ろから付いてきたこともあり、日を増すごとに恐怖心が膨れ上がってきました。
そしてストーカーと決定的に発覚したのが、私の仕事風景、私生活、通勤時等の写真とともに郵便ポストへと入っていた手紙です。

 

「君はいつも僕を見ている。わざと見て見ぬふりをするつもりかい?恋の駆け引きは楽しい反面、辛い想いもしてしまうんだね。早く君からのアプローチを待っているよ。」と書かれていました。

 

これを機に、警察へと相談に行くも、実害がないからという理由で被害届の受理はしてもらえず、巡回を増やすとのことだけでした。

 

その後も被害はエスカレートしていきました。
夜、帰宅すると朝出したはずのゴミが玄関の前へと置いてあったり、知らない番号から着信があり応答すると、「君は昨日の何時何分に友達と○○な会話をしていたね。」と一方的に告げられ切られました。内容も全て合致することから、盗聴器の疑いが濃厚となり、再度警察へ相談するも真に受けてもらえず。

 

しまいには「被害妄想」の可能性まで指摘され、私は絶望の淵に立たされました。
そんな時、インターネットで御社を知り相談をしてみると、過去の前例など丁寧に教えていただき解決のプランを提案していただきました。
最初は「復讐代行」と抵抗もあり、半信半疑な自分もいましたが、どうにもこうにも為すすべがなく、覚悟を決めお願いをすると、相手の電話番号から人物特定を1週間でしていただき、詳細までは教えていただけなかったものの、誓約書、謝罪文、お見舞金を頂き無事解決することができました。

 

それからというものの、嫌がらせや視線を感じることもなく、平和な日々を取り戻すことがきました。本当に感謝しています。放置していたらいつか殺されていたかも?と考えると早い段階で相談し、依頼してよかったです。

 

後日談ですが、犯人は私が働いている会社の取引先の人だったらしく、テレフォンオペレーターの私に一方的な恋心を抱いての行為だったみたいです。
当然、私は部署移動をお願いし、今では新しい環境で頑張っています。